もしも活動的なワタリガニを手にした際には、指を挟まれないよう
に気を付けなければなりません。勢いがよく棘が刺さるので、手袋
などを揃えておくと安心でしょう。
息をしているワタリガニをボイルする時に、何もしないで熱湯に放
り込むと、自ら脚を切り分離してしまうため、水温の低い状態から
ボイルするか、脚をひとまとめにしてボイルする方法が良いのです

花咲ガニに関しては、漁期の期間が短く(深緑の頃〜夏の末)、な
ので獲れる旬だけの特殊な蟹のため、食べる機会が今まで一度もな
かったという声も多いようです。
「日本海産は優良」、「日本海産は美味」という思い入れは否めま
せんが、日本人も利用しているカナダの漁場、綺麗な海のオホーツ
ク海、命を落とす海と言われているベーリング海も、ズワイガニか
らは「棲息しやすい領域」であるということです。
美味しい松葉ガニも地元で愛されている水ガニも、二者共にズワイ
ガニのオスであります。とはいえ、同じ甲羅の質量でも松葉ガニの
定価は高いレベルなのに、水ガニは意外と割安価格だと聞いていま
す。

九州のカニと言って思い出すのはワタリガニ。脚を開いてみると、
身があるのはつめに限られてしまいますが、その分だけ、甲羅の内
側は贅沢感で溢れています。端から端まで筆舌に尽くしがたいドロ
っとしたうまそうな中身が豊富にあります。
食してみるととても口触りの良いワタリガニの食べごろは、水温が
低くなってしまう晩秋の11月下旬から4月前後までとなっていま
す。このシーズンのメスは殊に乙な味となるので、お歳暮などの贈
り物としてしばしば宅配されています。
話題の毛ガニ通販ですが、私たち日本人にとってはぜひ試してみた
いものです。お年始におうちでゆっくり舌鼓を打ったり、震えるよ
うな時期あたたまるカニの鍋を囲んで和気藹々するのは日本の嬉し
い習慣です。
昨今では好評で美味しいワタリガニでありますから、手軽なかに本
舗などでも注文する人が増えており、日本のあちらこちらで頂く事
が不可能ではなくなってきました。
あのかにめしの本家として名高い長万部産のものは、北海道産の毛
ガニでもトップレベルだそうであります。ぜひ、毛ガニ通販で季節
限定のグルメを思う存分楽しみましょう。

容姿こそタラバガニっぽい花咲ガニというカニは、多少ちっちゃく
、その肉はカニとは思えない豊かで深い風味を持っています。内子
、外子は珍味としても味わい深いです。
昆布を摂取して成長した花咲ガニは、こくのあるだしが出るので、
鍋にしても一押しです。花咲ガニの漁獲量はわずかなので、北海道
ではないよそのカニ販売店では絶対とはいえないまでも、まず在庫
がありません。
たまにはリッチに家族みんなで獲れたてのズワイガニ高い料亭や旅
館料亭で食べたり遠くの旅館に行くのと比べたら通信販売サイトで
注文すれば相当安い出費で安心ですよ。
蟹は、オンラインショップなどの通販でオーダーする人が急増して
います。ズワイガニ、じゃなくて毛蟹に限っては、絶対と言ってい
いほどインターネットなどの毛ガニの通信販売で手に入れないと、
自分の家でいただくということは不可能です。
細かくしてあるタラバガニの身は、そんなに濃い味とは言えません
が、料理他料理の食材として使用した場合でも最高である。ハサミ
自体は、揚げた後に味わった場合、5〜6歳の児童でも大喜び間違
いなし。