海に面している九州の美味しいカニはワタリガニ。身が入っている
脚の部分はつめだけしかない状態ですが、代わりに、甲羅の内側は
美味しさ満載。どれも驚かされるほどのコクのある部分が食欲をそ
そります。
温かい地域の瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば、塩ゆでが美味し
いワタリガニのことで、足の最尖端がひれの形状となっていて、海
を泳ぎ抜くことが出来るためこの名が付けられているのです。甲羅
の全幅が13センチより小さい時には漁獲することが出来ないこと
になっています。
なんといっても花咲ガニはどんなカニと見比べても絶対数が少ない
故に、水揚され獲れる期間は短い夏の期間(7月〜9月頃)に限ら
れておりだから、食べるならこのとき、という旬が9月から10月
のみと本当に短期間なのです。
お正月の幸福な雰囲気に明るさを出す鍋料理を用意するつもりなら
ば、毛ガニを混ぜてみてはいいんじゃないですか?平凡な鍋も鮮明
な毛ガニを入れると、急速に素晴らしい鍋に変わります。
さてタラバガニの最大水揚量が北海道です。なのですから、鮮度の
高いタラバガニは、北海道の産地からすぐ配達という通販からお取
寄せするのがベストです。

過去には、ズワイガニを通販ショップでお取寄せしてみるというよ
うなことは、想像もできなかったことです。これというのも、ネッ
ト利用が普通になったことが貢献しているからに違いありません。
獲れたては茶色の体をしていますが、茹でられると赤くなって、咲
いた花びらのような外見になることが元になって、花咲ガニと呼ぶ
、ということです。
ワタリガニと言えば、甲羅が硬くてずっしりとくる身のものが区別
する時のポイント。ボイルもおすすめだが、ホカホカに蒸しても絶
品だ。身にコクがある事から、辛さが際立つカルビスープなどに丁
度いい。
うまいタラバガニを味わうためには、どの専業店を選択するかが肝
心だと言えますカニを煮る方法は簡単でないため、かに専門店の素
晴らしい職人さんが、茹で上げたカニを味わってみたいと思うでし
ょうね。
大抵、カニとなると身を頂くことを空想するが、ワタリガニのケー
スでは爪や足の身のみならず、肩の身やカニミソを食しますが、取
り分けメスの卵巣は究極の味です。

一旦希少な花咲ガニを口にしたら、蟹の中でも最高のその豊かな味
にはまる事は疑いありません。食べたいものリストが1個増えると
いうわけですね。
あなたもちょいちょい「本タラバ」と称される名前を雑誌などで読
むことがあると考えられますが、身が大ぶりの「本タラバ」は「本
物のタラバガニ」という証から「本タラバ」と名付けているのだ。
たまに「がざみ」と呼んでいる大きなワタリガニは非常に上手に泳
ぐことが知られていて、事情次第で生息場所を移動します。水温が
低くなるとゴツゴツの甲羅となり、身の入る晩秋の11月下旬から
4月前後までが旬と知られています。
毛ガニを通販で注文、日本人として生まれたからにはぜひ試してみ
たいものです。元日に一家団欒で食卓を囲んだり、寒さにかじかむ
季節でもあたたまるカニの鍋をわいわいつつくのもこの国独自のも
のでしょう。
漁に出ても良い期間が決められているので、ズワイガニの旬と言え
るタイミングは、主に冬場が真っ盛りで、時節を考えても贈り物に
したり、おせちの素材として使用されていると思われます。